天の川銀河中心付近


続いてはSamyang85mmf1.4(ゴールドライン、旧タイプ?)での画像を。


7/2 2:07
k-1 85mmf1.4→2.0 ISO25600 10秒露光

201707020207c


珍しく3000×4500の大き目な画像をアップしてみました。

ISO1600&120秒で撮ったのはほんの少し流れてしまったのでこちらを選択、
ISO25600なんてフィルム時代は考えもしなかった数字ですね。w


実は昨夜も出かけたのですが雲が広がり断念、
桜島フェリー桟橋でUターンして来ました。

狙った場所は錦江湾を隔てた薩摩半島の南端付近、開聞岳の近くなのでけっこうな距離があります。

ただ、深夜も桜島フェリーが1時間に1本運行されるのでなんとか行けますが、
天気の変化には対応しにくいです。

次回は月が細くなる20日以降が狙い目でしょうか。
その頃、台風が来ないことを願う次第です。w



写真 ブログランキングへ

『銀河鉄道の夜』から


一、午后の授業

「ではみなさんは、そういうふうに川だと云いわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板に吊つるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指さしながら、みんなに問をかけました。

『銀河鉄道の夜』 青空文庫



7/2 1:56
K-1 Samyang35mmf1.4→2.5 ISO1600 120秒

201707020156



「ですからもしもこの天の川がほんとうに川だと考えるなら、その一つ一つの小さな星はみんなその川のそこの砂や砂利の粒にもあたるわけです。またこれを巨きな乳の流れと考えるならもっと天の川とよく似ています。つまりその星はみな、乳のなかにまるで細かにうかんでいる脂油の球にもあたるのです。そんなら何がその川の水にあたるかと云いますと、それは真空という光をある速さで伝えるもので、太陽や地球もやっぱりそのなかに浮かんでいるのです。つまりは私どもも天の川の水のなかに棲すんでいるわけです。そしてその天の川の水のなかから四方を見ると、ちょうど水が深いほど青く見えるように、天の川の底の深く遠いところほど星がたくさん集って見えしたがって白くぼんやり見えるのです。」

『銀河鉄道の夜』 青空文庫

 

7/2 2:00
K-1 Samyang35mmf1.4→2.5 ISO1600 120秒 タングステン光

201707020200



以前、
「地球は太陽系の中にあり、太陽系は天の川銀河の中にあるのにどうして天の川が眺められるんだ?」
という質問を受けました。

その回答が『銀河鉄道の夜』の中に記されています。
宮澤賢治の博識が窺われますね!



写真 ブログランキングへ

昨夜の天の川


さて、月を写している最中に空はすっかり雲で覆われてしまいました。

GPVをチェックするとずっと雲、
それでも諦めずに22時頃外に出ると月すら見えない状況、さすがに諦めました。

ところが、
0時過ぎに帰宅しようと駐車場に下り立つと空には雲なし!!

事務所に戻り準備を済ませると、
かつてレミソラを保護した叶岳へと車を飛ばしました。


2013/6/21 14:04
ロケハンに出かけレミソラと出会いました。

201306211404


もう1枚、手前がソラかな?

201306211405c



頭上の天の川
7/2 1:32
K-1 Samyang8mmF3.5→F4.0 ISO1600 150秒

201707020132c


このレンズはAPS-C用の対角魚眼なんですがフルサイズでは長辺だけが180°になります。
初代はフードが固定されていましたが、それを削ってフルサイズに使う方がいたので(かのSenbeiさんもそうだったような)、

なのかわかりませんが、2代目はフードが外せるようになりました。
韓国製品にしてはユーザーのことがよく解っていますね。w

アンドロメダ銀河、カシオペア座はもとより、二重星団h-x、ペルセウス座の一部まで写っているような?


縦向きにしてみました。

201707020132c2


昨年、FF用対角魚眼、Samyang12mmf2.8を購入し縦構図で天の川を写しましたが、
やはりこちらの方が広範囲に写っていますね。
(当たりまえですね。w)

なお、追尾はカメラのアストロトレーサを使いました。
急だったので自宅までスカイメモを取りに戻る暇がなかった次第です。

他にも35mm、85mmで撮って来ました。
続きはまた。

 

写真 ブログランキングへ

昨夜の月


奄美地方は梅雨が明けたようですが、大隅半島はまだです。
でも一昨日(6/30)から昼間は青空がのぞくようになりました。

昨日は夕方から曇り出しましたが、
なんとか上弦の月を撮ることができました、久々眺める月でした。

カメラはFUJIの高倍率ズームコンデジ、FinepixS1です。
NikonP900を落としてからはS1で凌いでいます。w


20:27
薄雲越しの月

201707012027


20:23
月の下には木星が。

201707012023


20:16
木星の衛星を撮ってみました。
イオは木星の下付近、木星の明るさに惑わされ確認できませんでした。

201707012016


因みに月と木星の衛星、
極端に明るさが違うため月と同じ画面で衛星を撮ろうとするとこんな感じになります。w

20:21
月と木星の衛星

201707012021

ガニメデ、エウロパ、カリストが確認できますね。

そうこうする内に雲で覆われてしまいました。

20:32

201707012032


GPVで雲の動きをチェックしたところ一晩中こんな状況、
天の川撮影は諦めていたのですが...

to be continued  笑)    

 

写真 ブログランキングへ

夏の大三角と天の川銀河中心方向


5月になって天気が悪かったのですが、ここ一週間ほど晴天が続いています。 

昨日はホタルを撮りに行きたかったのですが、
日曜日の草払い(3時間余り)で腰が痛くて断念しました、今日も。

で、まあ、天の川なら、と自宅前の路上で撮ってみました。


夏の大三角
5/23 0:33 K-1 35mmf1.4 ISO800 90秒

201705230033


K-1のアストロトレーサーで追尾しましたが、
15mmだと周辺部の星像が流れますが35mmだと大丈夫なようです。

なお、中心部が赤っぽく写っているのはヘタな焼き込みによるものです。w

続いて、
天の川銀河中心方向。

5/23 0:23 K-1 35mmf1.4 ISO400 120秒

201705230023


自宅前でこれだけ写ればOKでしょうか。


ところで、
過日、天体用IR改造カメラを入手しました。

星船さんの改造カメラで撮られた画像を見て、
自分もああいうのを撮りたいとずっと欲しかった次第。

もっとも、こちらはkissX7、APS-Cサイズですけど。w

あと、SIGMAの150-600mmを欲しいのですがペンタ用は発売される見込みがなさそうなのでCanonを、ということもあります。

で、割とノイズが少ないと言われているX7の高感度耐性をみるため、
極端にもISO12800で撮ってみました。

5/22 0:41
kissX7 タムロン10-24mm 10mmf3.5 30秒

201705220041


5/22 0:41
kissX7 タムロン10-24mm 24mmf4.5 30秒

201705220043


まあ、こんなものでしょうか。w

PK-EOSアダプターが届いているので、
いずれポタ赤を使ってちゃんとしたのを狙うつもりです。

ではまた



写真 ブログランキングへ

ホタルなり!


ずいぶんとご無沙汰してしまいました。
撮ってはいるんですけどアップするのが億劫になって、
年かな?w

ゲンジボタルです。

5/19 20:41~
K-1 35mmf1.4 20秒露光✕4枚 ISO1600

201705192041-42


5/19 20:46~
K-1 35mmf1.4 20秒露光✕10枚 ISO1600

201705192046-52


続いてはヒメボタル

5/20 19:53
K-1 35mmf1.4 30秒露光✕60枚程度 ISO1600

201705201953-2041b

 
センサーがおかしくなって、
緑色になったり赤色になったり、失敗作ですが一応ご紹介しておきます。

今日も行く予定でしたが、
昨日、庭の草払いを3時間余りやったところ腰が痛くなり断念しました。w

この状況だと明日も怪しいです。
ではまた

 

写真 ブログランキングへ

冬の天の川、そして月と金星。


忙しくてストレスが溜まりそうなこの時期ですが、
28日、山越えして天の川を撮りに行ってきました。


2/28 19:44
K-1 Irix15mmf2.4→3.5 ISO6400 90秒(アストロトレーサー)

 201702281944c


2.4を3.5に絞っても周辺減光が甚だしいので縦構図画像の中央部をトリミングしました。
フラットフレームを撮ってフラット補正しないことにはせっかくの15mmを有効活用できそうにないです。

バーナードループがかすかに写っています。
K-5は使うことがないので改造を依頼しようかと考えています。
ただ、購入後、基本的にホタルと星しか撮ってないので多分2000枚もシャッターを押してないかと。
ちょっと勿体ない気がして迷っています。笑)

ところで、この撮影地ですが、浜辺に立つと漁港の照明が意外に目につきそれほど暗くありません。
ライト無しでも足元がわかるぐらい。
こうなると佐多岬まで行くしかないようです。

しかし、佐多岬も現在開発中(30年3月には展望台等が完成予定です)で、
もしかすると街路灯などの照明が設置されるかもしれません。
となるとここ大隅半島ではまともな星空が見えなくなる可能性が、便利になるのはいいですけどね。

それでもGoogleEarthでチェックした浜に行ってみました。
マップでは道路が途中で途切れていたので不安でしたが、なんとか浜辺、というか岩場まで行けました、革靴で。笑)
視界が狭くて15mmでは広角過ぎるかもしれませんが、かなり期待できます。

さて、移動中に月と金星が見えていたのでNikonP900で撮ってみました。


2/28 18:43 換算3600mm f8.0 1/2s ISO100

201702281843


こちらは金星と一緒に。
金星の光芒を出すためにf8.0まで絞りました。

2/28 18:55

201702281855


現地までの移動は山越えが必須ですが、周囲は木々に囲まれて外界を窺い得ません。
が一箇所だけ錦江湾が見える所があります。
撮ってみました。

2/28 17:53

201702281753b


こちらは過日地元で撮った天の川、空が明るくてこの程度です。
カノープスが写っていますね。

2/21 21:14
K-1 Irix15mmf2.4→2.8 SO3200 60秒 

201702212114b


あ、ステライメージ8を注文済です。
フラット補正に限らず、天ガに応募できる程度まで完成度を高めようかと。

まあ、どんなソフトを入手したところで肝心なのはウデですけどね。
それがイチバンの懸案事項です!笑) 


 

写真 ブログランキングへ

山裾から現れたカノープス-Irix15mmf2.4のテストを兼ねて


過日、新しいレンズが届いたので、昨夜試し撮りしてみました。

PENTAX K-1 f2.4開放 15秒 ISO6400

201702192057


Irix15mmf2.4 Firefly、
デザインはスイス、製造は韓国ということですが、おそらくSamyangじゃないでしょうか。


Irix15mm


実はLaowa12mmf2.8も検討していたのですが、
海外サイトの評価や価格の比較からこっちに決めました。

なお、アマゾンでは並行輸入品が11.2万円(Nikon)とか13.2万円(Canon)で販売されてますが私はその半額以下で入手しました、香港から。

さて、サイズダウンしたオリジナルはこちら。

201702192057original


超広角だけあって周辺減光が甚だしいです。
で、いろいろやりくり?して補正したのが最初の画像になります。

補正とはいっても恥ずかしいレベルですが。笑)
でもって補正画像の上左端と上右端を拡大してキャプチャしてみました。

左端

a


右端

b

 
開放f2.4でこんな感じ、
超広角レンズに特有のコマ収差が見事に補正されているんじゃないでしょうか。 

海外からだったので不安でしたが、
どうやらいいレンズに当たったようです。


Irix15mm3


因みに私はプラ?ボディのFireflyを購入しましたが、
金属ボディのBlackstoneという上級バージョンもあります。

アマゾンでは24万で出品されてますね、
個人的にはボリ過ぎじゃないかと思ってしまいます。笑)


Irix15mm4


Irixサイトはこちら
FireflyとBlackstoneとの違いはこんな感じ。

SnapCrab_NoName_2017-2-20_19-11-8_No-00


材質以外では、

両方とも防塵防滴ですが、
Fireflyは前玉のシーリングが無し。

Fireflyは指標が印刷ですが、
Blackstoneは刻印されしかも蛍光塗料で光る、という違いが大きいですね。


Irix15mm2


他に、
・フォーカスロック機構
・フロントはフィルタネジ(Φ95mm)&バックはゼラチンフィルタOK
・C-PLフィルタ回転用の窓
・無限大用のクリック
・フォーカス調整用のネジ
といった具合で、結構使い勝手がいいんじゃないかと思います。 

広告料をもらってもいいぐらい解説しました。笑)

以前、Samyang12mmf2.8についてコメント欄に書き込みがあったので、
そのまま連絡が途絶えましたが、今回は詳しく書きました。

今後の方向としては、
周辺減光が大きいのでフラットフレームを考える必要がありそうです。

フレットフレームを使った補正はどのようにやるのか、
それはこれから勉強です。笑)

 

写真 ブログランキングへ

帰りがけの駄賃-沈む月と火星と金星と-


自由業の私ですがこの時期は忙しくて、昨夕ようやく遠出できました。

山越えして太平洋を臨む防潮堤まで出かけましたが、
身体が揺り動かされるほどの強風、早々に退散しました。

スカイメモRSまで持って行ったんですけどね。笑)

取り敢えず固定撮影したのがこれです。

2/1 19:46
PENTAX K-1 Samyang12mmF2.8 ISO3200 30秒 nonNR
 
201702011946


下を少しカットしました。
右上に月光の影響が出てますね。

来月の新月時にはカノープスが見られるはず、時間を作っていくつもりです。

一人だけの夜の防潮堤、
ちょい淋しくなりました、吹き飛ばされたら誰にもわからないだろうと。笑)

なお、今回は肋骨にヒビが入ることがないよう足元にはよくよく注意して歩きました。(痛みを感じなくなるまでひと月ほどかかりました)

で、久々の長距離運転、しかも山越えだったので帰りは錦江湾沿いに走ることにしました。

帰りがけのお駄賃、沈む月と火星と金星です。
天は私を見放さなかったようで。笑)

2/1 21:10
Samyang35mmF1.4→2.0 ISO400 2秒  nonNR

201702012110


三日月が満月のように写っているのはご愛嬌ということで。
拡大すると火星も確認できます。

金星の下方の山は薩摩半島の端にある薩摩富士こと開聞岳です。
で、錦江湾を挟んで、
大隅半島の波打ち際に私がいるという位置関係にあります。

三日月でここまで写るとは考えてもいなかったです。笑)

今日もいい天気なので、
自宅の庭でM42を狙ってみようかと思います。


防潮堤も此処もサイクリング中にチェックした所、
よくぞ自転車であんなところまで行ったものだ、と我ながら今さらながら驚いています。笑)


ではまた

 

写真 ブログランキングへ

昇る月


いつの間にか11日になってしまいました。

例によって年末年始は仕事が忙しく、
昨日漸く年賀状を投函することができました。

昨年は年賀状どころか寒中見舞いにも間に合わず、
バレンタインデー間近に余寒見舞いを投函、それに比べたら格段の進歩です。w

写真はほぼ毎日撮っているのですが、なかなか処理とアップがままなりません。
取りあえず本日の月の画像を。


1/11 19:18
K-1、Tamron28-75mm F2.8

201701111918


階下の駐車場でパチリ。
この木は昨年の台風で裂け、リハビリ中の腰(腰椎骨折)をいたわりながら枝を伐採した残りです。

土地の所有者がプロに依頼して根元から切ってもらう、ということでしたがそのままになっています。

今となっては、
いいオブジェなのでこのまま残してほしい、と都合のいいことを考えているんですがどうなることやら。

ではまた



写真 ブログランキングへ
ギャラリー
  • 天の川銀河中心付近
  • 『銀河鉄道の夜』から
  • 『銀河鉄道の夜』から
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の月
  • 昨夜の月
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    • ライブドアブログ