本日のトリさん。


久々にトリさんを撮ることができました。
まずは昼間のもの。

エナガだと思います。

11:56

201311131156


崖の上の木なのでデジタルズーム;1200mmで撮りました。
それでもこの大きさが限界でした。


201311131156b


三木義一先生の「エナガの団子」の写真を思い出します。w

このしっぽ、まちがいなくエナガですね!


201311131157


16:22
で、こちらは...ハチドリ


201311131622


ではなくて(たぶん)ホシホウジャク(星蜂雀)、
スズメガ科、すなわち「蛾」の一種です。


201311131622b


これまた崖下の暗がりで撮ったので画質が悪いです。
オマケにデジタルズームを使いましたし。w

ほんとは、
可愛いつぶらな瞳をしているんですけどね。

本日のカラスウリ。

16:34

201311131634


事務所に戻り、ゆりあを連れて堤防へ。

空には月が。

16:43

201311131643


すでに陽が落ちかかっていました。

真剣顔のゆりあ!w

16:45

201311131645


先に堤防に上がると、キロポスト?の上にトリさんが!

久々に見るジョウビタキです。

16:45

201311131645b


近寄ると逃げるのでデジタルズームでアップを。


201311131645c


ブレてますが、
この背中の模様、まちがいなくジョウビタキだと思います。

デジズームでこれだけ撮れれば文句なしです。w


201311131646


ゆりあが上がってきました。


201311131646b


すぐにトリさんに気づきましたが、
私が手を叩いて逃げていただきました。w

と、なんか文句を言ってそうなゆりあ。


201311131646c


川べりまで下りました。

16:49

201311131649


と、鴨の一群が!

16:51

201311131651


デジズームでアップ。


201311131651b


私に気づいて飛び立ちました、
が、撮影はタイミングを外してしまいました。


201311131652


精進しなければなりません!w

と、ハクセキレイが。

16:53

201311131653


すぐに飛び去ってしまいました。

16:54
光る川面。


201311131654


よ~く見ると羽虫(ユスリカ?)の大群が。


201311131655


秋ですね~


201311131656


いつの間にか、鴨たちがいた中洲に黄色いトリさんが。

16:57

201311131657


キセキレイの雌ではないかと思います。
すぐに飛び去り、今度は飛び石(正確な名前は忘れました)に別のトリさんが。


201311131657b


ハクセキレイにしては身体が丸っこい、
でもハクセキレイなのかもしれません。

動画も撮って来ました。
19秒です。





う~ん、よくわかりません。


201311131657c


デジズームで撮ったものをさらにトリミング!
無茶です!w


201311131658


このトリさんが飛び去り、
そこへまたハクセキレイがやって来ました。

16:59

201311131659


やはり、
先ほどのトリさんはハクセキレイとは違うような気がしますね。


201311131659b


去って行くオオバン、だと思います。

潜水艦みたいですね!w

17:01

201311131701


川べりに別れを告げるゆりあ。

17:04

201311131704


そんなことはないですね。w

陽が落ちた西の空。

17:07

201311131707


やはり、秋です。
というか冬がそこまで来てますね。


201311131710


再び、お月様。

17:12

201311131712


左上に虹の入り江が見えています。

堤防の土手に、タマスダレ(玉簾)が一輪開いていました。

17:23

201311131723


実際の所は、暗くてこんなに明るくは見えてなかったです。
午前中降った、桜島の灰がうっすらと残ってました。

留守番をしてくれたレミソラのために...お土産。

17:28

201311131728
 

 こうして今宵も更けていったのでありました。

ではまた


今年は種が採れそう!


烏瓜(カラスウリ)の実です。

11/12 9:06

201311120906


道路わきの石垣付近で、
椿の木からぶら下がっています。

昨年は(さわりすぎてw)途中で腐ってしまい種が採れませんでした。

今年はまだ触れてません!
うまくいったら種が採れるかもしれません。

木々に絡みつくので嫌われ者のカラスウリですが、
私の花の写真をご覧になり、ほしいと仰る(物好きw)な方が存在します。

なんとか収穫したいものです。


男嫌い(花言葉)のカラスウリ
(再掲)

201309190027


オシロイバナをアップしなきゃいけないのですが、
なかなか・・・です。

ではまた

 

合歓の木の由来?


昨夜アップした合歓の木に関して、kaiwhanさんよりコメントを頂きました。
と、その中に、
>漢字のことはさておき(^^;)
とあったのでググってみました。

すると「教えて!goo」にタメになる回答がありました。
興味のある方はご自分でどうぞ!

葉っぱの形状、こちらの写真の方がよくわかるかもしれません。

10/27 11:47

201310271147


なお、この白い花は自生しないようです。
自生するピンクの合歓の木は車で通行中によく道路わきに見かけます。


教えて!gooで紹介されていた、
万葉集にある紀女郎(きのいらつめ)の歌もググってみました。


晝者咲 夜者戀宿 合歡木花 君耳将見哉 和氣佐倍尓見代

昼は咲き、夜は恋ひ寝る、合歓木(ねぶ)の花、君のみ見めや、戯奴(わけ)さへに見よ


意味は、
昼に咲いて、夜には恋しい想いを抱いて寝るという合歓(ねむ)の花を私だけに見させないで。ほら、君もここに来て見なさいな。
ということらしいです。

以上、出所はこちら、
楽しい万葉集-第八巻 : 昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花-

こちらはより詳しいです。
万葉集遊楽-万葉集その六十五「合歓(ねむ)の花」-
 
人妻の紀女郎が年下の大友家持を誘惑する歌だったんですね!ww
因みに家持の返歌はこちら、

我妹子(わぎもこ)が 形見の合歓は花のみに 咲きて けだしく実にならじかも 

意味はリンク先をご覧ください。

合歓の木、確かに妖しげな趣きのある花です、特に月光に照らされているときなどは。
なんだか見る目が変わりそう!w

               

今年2回目の合歓の木の花


わが家の合歓の木、
5月に続いてまた日々咲いています。


10/27 11:41

201310271141
 

普通の、薄紅色の花が咲く合歓の木は、
確か年に1度しか咲かすことがなかったと思うのですが、どうしてでしょうかね? 

今年の5月は、蛍の撮影に夢中で撮らずじまいでしたが、
facebookで古い写真をアップした覚えがあったのでアーカイブをチェックしてみました。

これです。

2011/4/20 22:27

201104202227


ミニのLEDライトを逆光気味に照らし、
確かホワイトバランスをタングステン光に設定して撮ったように覚えています。

FBにアップしたものをアーカイブしたのでメリハリのない画像になってますけど、
雰囲気はこんな感じでした。

花の直径は5cm程度で、
そよ風にでさえも揺らぐ姿はなかなか乙なものです。

頬を寄せると、
ねこに触れるか触れないかのような柔らかさがあり、それもまた気持ちを和ませます。

ピンクの合歓の木も1本ありますが、
全然成長せず、ひょろひょろしてます。w

昨夜の花、
タマスダレでほぼ間違いないかと思いますが、

この時期は野の花が見当たらず、ちょっとさびしいですね。


暮色


10/27 17:22


201310271722


先日、ゆりあと堤防に散歩に行ったとき撮ったものです。

日没後の逆光の中で、
名も知れぬ花が一輪咲き始めていました。

花を明るくしようとすると背景の暮色が飛んでしまうし、
背景をちゃんと撮ろうとすると花が黒く潰れてしまう、

そんな二律背反的な状況下での撮影は骨が折れます。w

あ、基本、コンデジのストロボは使いません。
雰囲気が台無しになってしまいますから。

ちゃんと光量を調整できるストロボやトレペ等を使うのであれば別ですが、
持ってません。w

ところで、この花の名前は何でしょうかね?


 

今宵の月


今宵の月です。
19:28

201310201928


昨日の月は満月、そして十五夜でしたが、
曇っていて(小雨も降ったような)見ることができませんでした。

珍しく満月と十五夜が一致していたんですけどね。

今宵の月は十六夜(いざよい)、

流鏑馬祭りが終わり、年に1回だけの町の喧噪が収まった頃、
東の空に、
雲の間から月が顔を出しました。

19:24
右上が欠けてますね。

201310201924


夜空にぽっかり浮かぶ月もいいですが、
こうして雲の間から姿を見せる月も味わいがあってなかなかいいものです。

19:31

201310201931


もう少し、広角側で撮ってみました。

19:32

201310201932


帰る頃にはどんな姿を見せてくれるか楽しみです。

あ、日曜日ですけど、
まじめに仕事してました。w



本日の夕景

関東地方は台風の影響が心配されてますが、
被害が出ないといいですね。

17時半前、郵便物の確認のため階下に下り空を見上げると、
なんだかいい感じ。

急いでデジカメを取りに戻り堤防に出てみました。

すると、すっきりした空模様、
期待が高まります。

17:39
秋の空ですね。

201310151739


17:48
やがて染まりはじめました。

201310151748


今回は、土手に下りてみました。
いつもの、ゆりあとの散策路よりも下まで、です。

17:54

201310151754


あえて、車の途切れたところを撮っています。

いくら田舎とはいえ、w
この時間になるとひっきりなしに車が通行してます。

17:58
このあと、色が減じて行きました。

201310151758


川面に映った空を撮りたかったのですが、
この辺りは川べりまで近づけるような状況ではなく、断念しました。

無理すれば可能でしょうが、
革靴では転落しそうです、命綱でもつけてない限り。w

せっかくですから、拡大画像をお楽しみください。
ではまた

台風接近!

台風24号、
どうやら明日の午前中、薩摩半島の西海上を通過しそうです。

ということは気をつける必要があります。

東側の太平洋を抜けるときに比べて風雨が強いので注意すべき、
とよく両親から聞かされたものです。

で、外はときに強雨が降り注いでいますが、
こんな日こそ明るい写真を、ということで10/2に撮ったものを。

11:17
クロアゲハとショウキラン

201310021117


11:22
翅が痛んでいます。
鳥による攻撃の結果なのかどうか判断できません。

201310021122


鳥の攻撃によるV字型の切れ込みのことを三木義一先生は専門用語で説明されていましたが、
忘れてしまいました。

論文;
チョウの翅の傷と鳥の攻撃
Wing Damages of Butterflies and Birds' Attacks

によると"beak mark"と言うようです。


11:23
定番、コスモス。

201310021123


庭のコスモスです。
昨年咲いた花のこぼれ種から庭中に芽が出ていました。

ただ、雑草と区分して草払いするのが面倒で一気に払ったため、
今年はさびしい光景になってしまいました。w

11:25
3枚の青空の色が微妙に異なるのは太陽との位置関係によるものです。

201310021125


11:26
白い雲があるとないとではかなり違って見えます。

201310021126


11:28
黄色の彼岸花、ショウキランです。

201310021128


11:40
アップで、かつ浮き上がるようにアングルを変えて撮りました。

201310021140


11:35
ツユクサ

201310021135


普通は一つの房(苞葉)から1個の花が咲くかと思いますが、
何故か2個の花が。

他のツユクサも同様でした。
???

いろいろ調べたところ、両性花というものらしいです。
3.ツユクサの両性花・雄花

こちらも勉強になります。
ツユクサの庭

上のが雄花で下のが両性花、かな?

11:28
明るめのショウキラン。

201310021128b


台風の被害がないといいですね。

ではまた

にゃんこ専用ブログを開設しました!


その名も、

にゃんにゃん日記」 w)

URLは、 http://nyan2.blog.jp です。

10/1 17:06

201310011706b


「にゃんにゃん日記」はねこ専用、

こちらの、
写真ブログ(写真日和)は対象を風景や花などの写真にするつもりです。
URL; http://reo.blog.jp

もちろん、
自転車ブログ(風を感じて自転車とともに!)も続けます。
URL; http://kaze.blog.jp

今後ともよろしく!


彼岸花(曼珠沙華)


実は昨日も撮ったのですが、
 (税務署からの帰りに)
曇っていたのでいい色が出ませんでした。

その点、今日は打って変わって秋晴れ、
車を走らせて撮ってきました。

10/1 15:19

 201310011519


肝付町から鹿屋市へ向かうときにはいつも田んぼの中の道を利用します。
この辺りは普通作なので今が稲刈りのシーズンです。

稲穂を背景に、ちょっとゴチャゴチャしてますけどね。

15:21

201310011521


15:24

201310011524


赤と青と黄色、映えますね~
ただ、ここにアップすると色が少し大人しくなってしまいます。

15:28

201310011528


天に向かって伸びる花!

曼珠沙華の意味は「天上の花」だそうです。

15:30

201310011530


花言葉は、

「情熱」、
「悲しい思い出」、
「独立」、
「再会」、
「あきらめ」

だそうですが、

下の写真には、

「情熱」と「独立」

が似合いそうです。

15:30

201310011530b


写真のサイズを最近のPC用モニターのサイズに合わせて横長にしました。
クリックして拡大画像をご覧いただけると嬉しいです。

ではまた

ギャラリー
  • 月と金星
  • 月と金星
  • 月と金星
  • 月と金星
  • 月と金星
  • JAXA内之浦上に立つさそり座
  • 地上の星、ヒメボタル
  • 地上の星、ヒメボタル
  • 月と金星とアルデバラン(4/19)
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    • ライブドアブログ