今宵の月




眉月を撮って来ました。


7/6 20:03 Nikon P900

201607062003
 

革靴で田んぼの畦道に。
靴を履きかえるべきでした。w


20:13 眉月

201607062013
 

20:20 地球照

201607062020


このところデジイチばかり使っていたので、
P900の使い方をちょいと失念、慌てました。w

でも、コンデジはミラーショックがないのでブレにくく、
扱いやすいですね。

昼間撮ったこれ ↓ 
初めてK-1のHDRを使ってみたのですがブレています。

昼間でも三脚が必須なようで。

7/6 15:26 PENTAX K-1 + SIGMA12-24mm(12mm)

201607061526


少々HDRを掛け過ぎました。w

明日は七夕、晴れるといいですね!

 

写真 ブログランキングへ

天の川-銀河中心方向-



昨夜の天の川です。

7/5 0:55
PENTAX K-1 Samyang35mmF1.4(→F2.0) ISO6400 13秒露光 

201607050055m


固定撮影ではどうしても星が流れるのでISO6400で13秒露光してみました。

さすが、定評ある35mmですね。
13秒露光でこれだけ写るとは驚きました!

K-5ではMF時にライブビューでチェックしようとしても拡大できなかったためピンボケを多発しましたが、
K-1は10数倍まで拡大できるのでピント合わせが格段に楽になりました。

Photoshop Elements11 にプラグインのエセ・トーンカーブを組み込み、
それで持ち上げました。

まだやり方がよく判らずテキトー補正です。
CS6もLightroomもインストールしてますが使い方が判らなくて。w

RAWで撮りLRでちゃんと処理すればまだまだイケるんじゃないかと思いますが、さて。

heneさん、
円周魚眼で撮った天の川のオリジナルはこちらです。

201607060133original


これを補正しすぎた結果、こうなった次第です。w
             ↓

201607060133m


何事もやり過ぎは禁物なようで。w

なお、本日、
極座標から直交座標への座標変換にトライしてみました。

201607060133H2m


もう少し細長くてもよかったんじゃないかと思います。
上部の方に乱れが発生したのでその箇所を少しカットしました。

なお、Photoshopに頼ることなく、
フリーの画像処理ソフト、GIMPでチャチャッと変換できました。

やはりオリジナルがよくないとダメですね。

ではまた

 

写真 ブログランキングへ

昨夜の天の川



昨夜のこと、
GPVで雲予報をチェックすると22時ぐらいから2時間ほどいいカンジ、 

(サイドバーにGPVを貼り付けました、非常に有用です。)

事務所の周囲は明るいので判断に迷ったけど、
近場の撮影スポットに行くことに。

1時半まで立ちっぱなしでしたが、
雲にも邪魔されず思う存分撮ることができました。


天の川
7/5 1:33 FUJIFILM  X-E1 MADOKA 7.3mmF4 ISO6400 50秒露光

201607060133m


ISO6400ではかなり無理しますが、
天の川をクッキリ撮るには仕方がありません。

K-1+8mmF3.5で撮るのを失念していました。
というか、疲れが出て。

次回はちゃんと椅子を持って行くことにしましょう!w

他にも、
12mmF4.5(12-24mmF4.5-5.6)、14mmF2.8、20mmF1.8、35mmF1.4で撮って来ました。

成果はどうでしょうかね?   


   

写真 ブログランキングへ

初夏の夕暮れ



昨日は梅雨が明けたような青空が広がりました。
(もしかして明けたのかな?)

夜のために仮眠していて目覚めたらちょうどいいカンジ、
K-1+SIGMA12-24mmを持って近くの田んぼまで出かけました。

7/3 19:18

201607031918

 
以前、東京から私の様子見に来た(w)先輩が、

北海道みたいだ!

とノタマッタぐらいの光景が広がっています。
こういうことに限れば「田舎もいいもんだ!」と認識せざるを得ません。w

さてSIGMAの12-24mmF4.5-5.6 EX DG ASPHERCAL、
現在はⅡが発売されていますが哀しいことにPENTAX用はありません。

私の持ってるのは初代、
なのでPENTAX用もありました。

5年ほど前にPENTAXもいずれフルサイズを世に出すだろう、
と固く信じて購入した次第です。w

このレンズ、非常に古いレンズ(2004年発売)なので欠点が沢山あります。
が、地平線を画面下に持って来ても湾曲せず直線のまま、という利点を有しています。

この1点だけで買いました!w

F値が4.5という暗いレンズなので星景向きではないですが、
昨今のデジカメはISO3200ぐらいはどうってことないので何とか撮れるんじゃないか、
と密かに期待してます。

以前、K-5で天の川を撮りましたがそこそこう写っていたように覚えています。
試し撮りしなきゃ!

  

写真 ブログランキングへ


【追記】
amazonに以下の説明がありました。

>初の広角ズームレンズ『21-35mmF3.5-4』 
これ、発売と同時に買いました。当時はCanonを使ってまして、確か登山用に入手したかと。

画角122°からの超広角ズームレンズ
   1979年、シグマ社は初の広角ズームレンズ『21-35mmF3.5-4』を開発・発売した。その後、シグマ社は、最新のテクノロジーを搭載した超広角レンズを他社に先駆け開発し、広角レンズのパイオニアであり続けている。そのシグマ社が開発した超広角ズームレンズ『12-24mmF4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL HSM』の驚異的な画角122°と超広角のパーズペクティブは、今までに無い映像表現を可能にする。

 

昨夜は・・曇り



昨夜(7/1、23時前)も出撃しました!

22時ぐらいだったか外に出て空を見上げると街路灯のベールの向こうに星が。
準備は済ませておいたのでネコ達に挨拶してw)そそくさと出動。

車のウインドウ越しに木星を眺めながら県下で一番長いトンネルに入り、
旧内之浦町側に出ると...

アレッ?なんだか星が見えないような?

160mぐらいの丘の上に立ち空を見上げると、
一面の雲!

悔しかったので、
FUJIFILM  X-E1+MADKA 7.3mmF4(全周魚眼)で雲を撮って来ました。w

画像の下がだいたい東方向です。

7/1 23:21 ISO6400 58秒

201607012321


23:24 ISO3200 58秒
これは意外に星々がよく写っていてビックリです。

201607012324


23:27 ISO3200 58秒

 201607012327


MADKA というのは、
個人的な趣味でカメラやレンズを製造されているんじゃないかと噂されている、w

安原製作所の、
FUJIFILMとソニーEマウントのミラーレス用レンズです。 

MADKAという名称につき、
円か(まどか)な画像を撮ることができるので、MADOKA(まどか)です。

と断りが記されていますが、
http://www.yasuhara.co.jp/madoka/

この記載には理由がある、と言われています。
そう、名称の由来は魔法少女まどか(私はよく知らない)?とネット上で指摘されたからじゃないかと。 

というのは、他にもNANOHAというレンズがあるからです。
これまた魔法少女のキャラとか。w

まあ、マシな全周魚眼レンズが2万円と少しで入手できるのでホント有難いことです。

実は今夜も出撃予定でしたが、
GPVの雲予報がこんな感じなので諦めました。

SnapCrab_NoName_2016-7-2_21-41-11_No-00


で、気になっていた、
X-E1+Samyang8mmF3.5でのケラレを追及することに。

これですね。
左上にケラレが発生しています。

2016006300102


これを見て引っ掛かったのが、
妙にはっきりしすぎているな、ということ。

なので、
別のマウントアダプターを使ってみることにしました。

上の撮影時の組み合わせはこちら。

201607028mm2m


付け替えたのはこちら。

20160702 8mm1m

白い部分は回転するようになっていて、絞りが機械的に?調整できます。
↓ の右のモノがそうです。

20160702 ad1m

絞りを調整できる方は少し高かったような覚えが。

で、変えてみたところ、
なんとケラレは全然発生しませんでした!

こっちを最初から使えばよかった、
ロクにチェックもしないで本番に使ったのが失敗でした。

安いと扱いがつい雑になってしまうようで、マズイですね。w

ところがです、
まあ、これはいいとして、

レンズ全体の撮影中になんか違和感を感じていたんですが、
フードが少しヘン!

201607011444


で、黒いアダプターを組み、試しにフードを外してみたところ、
ケラレが消えました!

フードを付ける場合、ふつう「カチッ」と音がするところまで回しますが、
そうするとケラレてしまいます。

その寸前で止めるとケラレが発生しないことが判りました。
で、正面からよ~く観察すると、
フードがやや回り過ぎていることがわかりました。

すなわち、
原因はフードの工作ミスということが判明した次第です。
やはり韓国製!ww

フードさえ気をつければどっちのアダプターでも使える、
ということでメデタシメデタシ!w

さて、Samyang8mmF3.5ですが、
これはAPS-Cでは180°(正確には170°と少し)の対角魚眼レンズです。

が、FF(フルサイズ)にも対応し、
全周(円周)魚眼レンズとして使えることになっています。

海外の販売サイトをチェックすると商品説明はその点まで触れられていて、
FishEye CSⅡはそのためにフードを取り外し式にした、旨が記されています。

私のもCSⅡでした。削るのか面倒だな、と思っていたのですが、
そういえば購入するときにそこまで厳しくチェックしたのでありました。ww

取り外したところ

201607011442


で、K-1での画像は、

201607011448


完全なる全周魚眼ではなく上下が切れていました。
海外サイトの商品説明もアテにはならないようで。w

いずれ座標変換にチャレンジの予定だったのですが、
こんな中途半端な画像からできるのかな?

MADKAはAPS-C用なので画質が落ちるんですよね...
せっかくK-1を買ったのにガッカリな気分!w

 


写真 ブログランキングへ

昨夜の天の川 Ⅱ



6/30 1:02 
FUJIFILM  X-E1  Samyang 8mmF3.5 40秒露光 ISO6400

2016006300102


8mmは対角魚眼ですけどAPS-Cだと12mmになります。
これをFFで使うと全周魚眼になります。
(偉大なる某Senbei博士はフードを切削して使われているということでした。)

フルサイズ用の10~12mmがあるといいのですが、
ペンタ用はないです。
どこか発売してくれないかな?

SIGMA12-24mmF4.5~5.6を持ってますけど、
暗いのでどうでしょうかね~
今夜試してみるつもりですが。  

なお、↑の画像はペンタ用に中華製の(3000円程度の)マウントアダプターを組みました。
結果、左上がケラレています。
やっぱし安物は違いますね!w

 

写真 ブログランキングへ

昨夜の天の川



6/30 1:05
PENTAX K-1 SAMYANG 35mm F1.4→F2.0 25秒露光 ISO3200


201606300105m
   

1.3MBでもアップロードできなかったので770KBに落としました。
オリジナルは24.9MBです。

25秒では流れていますね。
F2.0に絞りましたが周辺部まで星像に乱れはなかったです(下の方を少しカット)。

さすがうわさに聞いていた35mmF1.4、
SIGMA20mmF1.8の星像にうんざりしていた私、目を見張りました!

雲がかかっていますが、下の方から霧がすごい勢いで昇って来て、
この1枚だけになりました。

JAXA内之浦の対面にある山(丘?)の標高160mぐらいの地点で撮っています。

20時頃、外に出ると雨は止み空には星が。
準備して23時過ぎに外に出ると街は霧で包まれていました。

ハイビームでも20mぐらいしか先が見えない感じ、
撮影場所はひと山越えた所、

悩みましたが、行ってみることに。
途中も濃霧で何度引き返そうと思ったことか。

田舎なので車も走っていません。
おまけに濃霧では心中穏やかではなく少々心細くなりました。w

結果、現地は雲なし、霧なし!
ラッキーとしか言いようがありません!!

のんびり14mmで撮っていたところ下の方から霧が昇って来るのが見えてきました。
おまけに西から雲も。

慌てて35mmをセットしましたが1枚撮った時点で霧にスッポリと包まれてしまいました。
いやはや。

昼過ぎに雨は止み、現在雲で覆われています。
が、一応、準備だけはしておくつもりです。

 
 

写真 ブログランキングへ

梅雨の合間の天の川



26日、久々に晴れたので眠い目をこすりながら撮りに行きました。
と言っても車で25分ぐらいの丘ですけど。

6/26 23:09
PENTAX K-1 SAMYANG14mm f2.8開放 20秒露光 ISO12800

少しブルー寄りにお化粧しました。w

 201606262309BL


JAXA、内之浦宇宙空間観測所に流れ込む天の川です。
SAMYANGの14mmF2.8と35mmF1.4、SIGMA20mmF1.8を持って行ったのですが、

どのレンズも絞りリングをマニュアルにすると、
どのモードでも絞りやシャッター速度が表示されないと同時にシャッターが下りなくて慌てました。

K-5ではそんなことはなかったのですが、
K-1では設定の選択があるんでしょうかね、マニュアルをチェックしないといけません。

結果的に絞りリングを「A」(オート)にして本体で絞りを調整すると上手くいくことが判りました。

そんなわけで14mmに続けて20mmを使い、
ようやく35mmに付け替えたところでタイムアウト、月が昇って来ました。

というか、すっかり月のことはスッポ抜けていて、
山の上方が明るくなりようやく思い出しました、翌日が下弦の月だってことに!ww

14mmは開放からご覧のとおり、そこそこの画質ですが、
SIGMA20mmは調整してもらったにもかかわらずF1.4開放では周辺部の星像が流れてしまいダメ、
2.8に絞るとようやくマシになりました。

ISO12800なんですけど、本体のNRを使いましたが結構イケますね。
6400ぐらいだったら常用できるかもしれません。

Exif情報、どのレンズも35mmと表示されています。
他社のレンズの場合、これまた焦点距離を設定しないといけないのかな?

今回ばかりはマニュアルをちゃんと読まないといけないようです。

本日は大雨警報が発令されときおり前が見えないくらいの強雨の中、
しかも暗くなり出してから隣の宮崎県まで往復してきました。

てなわけで疲れ果て事務所で仮眠を取っていたらこんな時間に。
家のネコ達が待ってるに違いありません、さっさと帰らなきゃ!

ではまた



写真 ブログランキングへ

彩、雨の日に。(その4)



日曜日、
土砂降りの中、大賀ハスを撮りに行ってきました。 

201606191349b


大賀ハスというのは、以下ウィキペディア大賀ハスから引用。

>1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハス(古代ハス)のこと。 

>翌日で打ち切りという30日の夕刻になって花園中学校(3月31日迄は千葉市立第七中学校)の女子生徒により地下約6mの泥炭層からハスの実1粒が発掘され、予定を延長し4月6日に2粒、計3粒のハスの実が発掘された。

>大賀は5月上旬から発掘された3粒のハスの実の発芽育成を、東京都府中市の自宅で試みた。2粒は失敗に終わったが3月30日に出土した1粒は育ち、翌年の1952年(昭和27年)7月18日にピンク色の大輪の花を咲かせた。このニュースは国内外に報道され、米国ライフ週刊版1952年11月3日号p60 に「世界最古の花・生命の復活」として掲載された。

で、育成の成功後、国内や海外各地に根分けされたわけですが、
隣町、旧串良町(現鹿屋市)にも移植されました。

この大賀ハスはさらに鹿屋市の田崎池にも移植され、
今回はその田崎池で撮って来ました。
 
201606191410


ときに土砂降りとなりました。
蕾で弾き飛ばされた雨粒?が写っています。(動画も結構撮りました)
 
201606191447b


どの花も開ききっていました。
明日にでも朝早く行ってみるつもりです。

201616191349
 

イチオシの1枚!w

201606191411


これは何という花でしょうかね?

201606191422


えっと、帰りがけに東屋のベンチで巨大なナメクジを見かけました。
クレジットカードを並べて撮って来たので画像判定するに、14.5cmでした。

さすがに画像はアップしかねます、よく撮れているんですけどね。w
見たいですか?ww


防塵防滴のK-1+100mmとS1を持って行きましたが、
花まで近づけなかったので結局コンデジS1の独壇場となりました。

雨の日はFUJIFILMのFinepixS1に限ります!



写真 ブログランキングへ

久々の月!



奄美大島は梅雨が明けたということですが、
当地も今日は晴れ渡りました。


なので明るい内から月を撮りました!

6/18 18:56 NikonP900 換算2400mm

201606181856m

 
18:59 

201606181859m


山に風力発電が写っています。
明後日は満月です、晴れたら月と風車?とのコラボを撮ってみるつもりです。

数年前に別の場所で昇る月にトライしたのですが、
少しズレたところから昇り始め失敗しました。

因みに明日の予測はこんな感じ。

1



2


手前に900m程度の山があるので、昼間ロケハンしないといけません!

さて、今夜の月です。

20:37

201606182037m


修理に出していたNikon COOLPIX P900が戻って来ました。
月曜日に修理センターに届きその日のうちに修理完了、そして発送、

水曜日に戻って来ました。
さすがNikon、素早いです!


201606151225


保証期間内だったので修理費はゼロ、
おまけにネット上で依頼したところ往復とも送料は無料でした。

FUJI のS1を依頼したときには片道だけが無料でした。
Nikonに多謝です。


せっかく撮ったのでレミとの会話を!w

ジャマだからどいてくれない?

201606151203


ニャ~に?

201606151203b


どっから来たニャ?

(見ても読めないと思うけど)

201606151203c


ニャにゃ?

201606151208


コレはニャに?

201606151208b


・・・?

201606151208c


・・・?

201606151208d


これニャ!

201606151208e


ハイハイ、ありがとさん!
というかジャマなんでけど。


ピックアップサービス、こんな流れでした。
1.ネットで依頼
2.Nikonから緩衝材入りの箱が届けられる
3.カメラを梱包して発送(宅配さんを待ってる時間がなかったので自分で持って行きました)
4.修理の上、発送
5.到着

Nikonは都合3回の送料を負担していることになります、太っ腹ですね!w
梱包もバッチリでした。

それに比べ、
PENTAX K-1 の梱包には正直驚かされた、というか呆れました!

せっかくなのでご紹介させてください。

こんな感じで届きました。

201606061048


で、封筒を破ると、

201606061049


化粧箱をプチプチで一重にくるんでいるだけ!
簡易包装が望ましいとは言え、25万円もする精密製品にこの梱包はないと思います。

ショップの評価を「1」にしとこうかな?ww


明日は早起きして蓮の花を撮りに行くつもりなんですが、
起きられるでしょうか?               (←人に訊くな!w)




写真 ブログランキングへ

ギャラリー
  • 天の川銀河中心付近
  • 『銀河鉄道の夜』から
  • 『銀河鉄道の夜』から
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の天の川
  • 昨夜の月
  • 昨夜の月
最新コメント
アクセスカウンター

    QRコード
    QRコード
    LINE読者登録QRコード
    LINE読者登録QRコード
    • ライブドアブログ